読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Como Sense

常識(Common Sense)から何かが欠落した、そんなブログ。

日曜日の黄昏。

みなさんメリークリスマス。

まぁそんなことは置いといて、この間飲みに行ったときに僕の隣の隣に座ってた子がとてもいい子だったので勝手に紹介していいですか。ダメですという声が聞こえないので進めますよ。

 

  • 小柄
  • 色白
  • 童顔
  • 二重まぶた
  • さらさら黒髪ショート
  • おとなしい
  • 思いやりがある
  • 人見知りするけど人懐っこい
  • 撫でられるのが好き
  • お酒に弱い
  • キレイ系よりはかわいい系
  • ピュアそうに見えて実はエッチい
  • 彼氏なし

  

まぁこれ全部僕のこと言ってるんですけどね。隣の隣に座ってたって言っても僕の右隣の左隣なので結局僕なんですけどね。彼氏なしって当たり前だろ。いてたまるかよ。

 

何が言いたいかって、妹が欲しいんですよ。妹。

 

話が飛躍しすぎだと思われるかもしれませんが、妹って要するに遺伝的にも環境的にも僕と似たような女の子ってことでしょ。冒頭のリストもう一回見てくださいよ。僕のきれいな部分を都合よくピックアップしただけですけど、僕の時点でこんなにかわいらしさのポテンシャル高いわけですから、僕の妹ってなるとそりゃもうね。

 

数年前は口を開けば妹が欲しい妹が欲しいっつって、妹がいる友人に「妹いいなぁ」と鳥肌が立つような発言をした際には、まるでそれしか返す言葉がないのかよと思うくらいに「妹ってそんなにいいもんじゃないぞ」という答えで諭されていたわけですけど、僕はあくまでも「妹という存在がいるお前の境遇」を羨ましく思っていたわけで、「お前の妹そのもの」がいいなぁと言っていたわけじゃないんですよ。いや別に"お前の妹"はいい子かもしれないけど、それは"僕の妹"ではないんですよ。

 

あと、妹を性的な目で見るか見ないかって質問にもこれまた当然のごとく「見るわけない」って返ってくるけどホントかよ。なんか「アレ?こいつこんなに胸デカかったっけ?」とか「膝の裏のフォルムたまんねぇな」とか思う時期ないのかな。やっぱりそこはどうしても家族っていうのがあって欲情しないのかな。僕は冒頭のリストみたいな女の子が近くにいたら欲情する自信あるけどな。仮に僕にお兄ちゃんがいて僕が妹として生まれてきたとしてもお兄ちゃんに欲情する自信あるけどな(ずっと何言ってんだコイツ)。

 

やっぱり「お兄ちゃんのことが大好きな妹」というのは幻想にすぎないのだろうか。もし仮に妹がいて、「いつもお兄ちゃんのことが好きとか言ってくる犬みたいな妹」と、「お兄ちゃんのことが好きなんだけどうまく伝えられない猫みたいな妹」だったらどっちがいいかな。どっちも欲しいに決まっているだろ。妹は何人いてもいいと思う。

 

年の離れた子から「お兄ちゃん」とか呼ばれてみたい。にやけが止まんないんだろうな。まぁ僕も「お兄ちゃん」って呼ばれたこともあるけど、それはおば様方が呼ぶ「ちょっとそこのお兄ちゃん」的なやつなワケで。上に離れちゃダメ。やたらと友人のお母様からモテる。マダムキラー。

 

分かってる。僕がよく言われるかわいいってショタ的なやつでしょ。3歳年下の女の子に弟っぽいとか言われたことあるし。ナメられてんのかな。もっと舐めていいよ。

 

そう考えると妹じゃなくてお姉ちゃんでもいい。妹をかわいがるのもいいけどお姉ちゃんにかわいがられたい。どちらかというとそっちのほうが僕に似合ってる感じがする。

 

なんかちょっと抜けていて天然な感じのお姉ちゃんっていいな。ふわふわした雰囲気の。そんなお姉ちゃんによしよしされたい。幼い頃にお姉ちゃんに近所の駄菓子屋に手をつないで連れていかれたい。お姉ちゃんの服で女装させられたりしてそれをお姉ちゃんの友達とかに見せられてちやほやされたい。

 

あと、ずっと好意を寄せてくるような元気で活発な幼馴染とかいたらエロゲ臭がプンプンするね。

 

天然なお姉ちゃんと、かわいくてピュアな妹と、好意を寄せてくる幼馴染。

そんなハーレムいいよねっつって。

 

 

長々と書いておきながら、結局のところ伝えたいのは

「僕がなりたいのは磯野カツオ」

だということですね。

 

 

買い物行こうと街まで出かけたら財布を忘れるサザエさんって天然のソレだし。雰囲気というか髪型がふわふわしてるし。

ワカメのあのパンツ丸出しの姿、純白でピュアを主張しておきながら誘ってるでしょ。タラオには少し刺激が強い。あと、妹は何人いてもいいと思うとか言ったけど、水ぶっかけたら増えるでしょ、ワカメなんだし。

そして厚かましいほどに好意を寄せてくる不動産屋の娘。

 

 

 

僕が伝えたかったのは以上です。

 

何なんだよその目は。

みんなから気持ち悪いとか叩かれる(※1)のを覚悟して身を削りながら(※2)このブログを書いてるんだからね!

 

この間古いPCでブログのネタないかなと過去の自分を頼っていろいろと探っていたところ、数年前の「妹が欲しいbot」と化していた頃の妹がいたらこういうことしたいっていう妄想がテキストとしてつらつらと残されていたのを見つけてしまったので、それをここに書き込んで社会的に死んでしまおうかなとも思ったんですけど、あいにく文字数が多すぎるし素直に気持ち悪すぎるしまだ死にたくないので割愛させていただきます。気になる人は個人的に聞いていただければ4時間くらいしゃべります。

 

 

 

(・・・よいお年を。)

 

 

※1

カツオのたたきだけにね

※2

かつおぶしだけにね